施術ブログはHPBにて掲載中です( 緑のエリアをタップ← )

【ウィズコロナ時代】美容の未来予想

前回の記事にも書かせてもらいましたが、コロナウイルスとの戦いはおそらく長期戦になるだろうと予想しております。例え、緊急事態宣言が解除されようと、人々の消費行動はしばらくの間は自粛傾向が継続されると思われます。そういった生活を送ると、美容に関することはどうなっていくかを予想してみました。

美容の未来予想


■ マスク基準の美容

  • マスクの装飾化
  • マスクに合わせた髪型
  • 美容整形は増加傾向

■ 美意識の低下

  • セルフ技術の増加とそのリカバリー
  • サイクルの長期化
  • コスメの限定化
  • トレンドの弱体化
  • 運動不足により肥満化

マスク基準の美容

マスクの装飾化

これは既に始まっています。マスクが手に入りにくいから手作りマスクになり、その手作りマスクが評判だったため布やゴムが売り切れ。今度は、手作りマスクに使う布やゴムを応用して服飾関係の人がおしゃれマスクを販売。「どうせマスクを付けるなら、おしゃれなやつがいい」といった感情が芽生えてきているのだと思います。

そうなると、次に予想されるのがマスクのアクセサリー。マスクのゴム部分にバレッタのような飾りを付けたり、マスクの布部分にスタッズを付けたりと、マスク自体の機能よりも見栄えを取るような傾向になっていくだろうと予想してます。

マスクに合わせた髪型

マスクの常に着用していることで、髪型にも大きく弊害が出ます。マスクを着用すると、顔の約半分が覆われ、前髪がある髪型の人は顔がほとんど見えなくなります。マスクと一体化してしまうので、それを避けるようにシースルーバングや長めのかき上げ前髪が多くなるのではないかと思います。

それから、ゴムを耳に掛けた時に耳周りの髪の毛にゴム跡がついたりするので、範囲の大小はあるかもしれませんが、耳周りのツーブロックなどが多くとなると思います。

美容整形の増加

緊急事態宣言後、在宅勤務やリモートワークが多くなり直接人と会う機会が減ったことで、美容整形をする人が増えてきていると耳にしました。なぜかというと、ダウンタイムをナチュラルな理由で過ごせるからです。

ダウンタイムとは、美容整形の術後に出た腫れや赤みが引くまでの期間のことで、早くて2〜3日、長くなると2〜3週間かかります。今までは有給休暇などを使いながらなるべく人に会わないようにしていたのが、これを期にナチュラルに手術を受ける人が増えると思います。


美意識の低下

セルフ技術の増加とそのリカバリー

ずっと自宅に引き込もることで、誰とも会わなくなると身だしなみやおしゃれをしなくなっていきます。今までだったら根元がプリンになると美容室でカラーをしていたのが、自宅でセルフカラーをするようになり、髪も伸びたら美容室でカットしていたのが、自宅でセルフカットするようになったりすることが予想してます。

なので、一時的にセルフ用品の売上が伸びると思います。そして、器用な人はなんとかっこなす一方で、不器用な人は大失敗するという二極化が起きます。失敗した人は美容室で修正施術、なんとかこなせた人も月日が経つことで結局バランスが上手くとれなくなりご来店し、セルフ技術のリカバリー対応に追われるようになると思います。

サイクルの長期化

美意識の低下やセルフ技術が増えることで、美容関係のサイクルが長期化します。髪の毛、ネイル、まつ毛、エステ、脱毛などのサービスを受けに行く頻度はおそらく下がると思います。

コスメの限定化

ひと昔前に、ものまねメイクでブレイクしたざわちんのように、マスクをした状態でそこから出た部分のみで印象を変えるメイクを得意にしていましたが、これが一周回って流行りそうな気がします。マスク着用がデフォルト化すればマスク姿が通常になり、マスクを外すことはほとんどないので、メイクもマスクからはみ出た部分だけやればよくなります。

「マスクをするから、今日はリップをしていない」や「今日はマスクだからファンデは塗っていない」という感じに、実際に少しずつその傾向にあります。そうなると、使わないコスメ類は売上が低迷し種類も減少、一その方で目元周りのコスメ類のラインナップはより一層増えるであろうと思います。

トレンドの弱体化

緊急事態宣言の期間延長が決まれば、外出する機会はより減少します。そうなると、外出用のおしゃれ着の数は減り、快適に過ごせる部屋着の方へ意識がシフトし、トレンドは弱体化していきます。洋服などは機能性の方が優先順位が上がり、トレンドは二の次になっていきます。

最近では、テレワークやオンライン会議向けの服装『デジカジ』といったジャンルのファッションが注目を浴びているそうです。デジカジとは【デジタル画面でもきちんと見えるカジュアル】のことを指します。ファッションが変われば、髪型もそれに合わせる必要があるので、そこのオーダーも増えると予想されます。

運動不足による肥満化

『ステイホーム』ということで、外出を減らし家で過ごす人が多くなったと思いますが、果たして自宅で通常生活並みの運動をしている人はどれくらい居るのでしょうか。むしろ、家にいることでついつい食べてしまうことが増えたのではないでしょうか。

そうなると体型維持が厳しくなり、いざ緊急事態宣言が解除した後、太った状態で再会なんてことがザラに起きるのかもしれません。


以上の項目が、現段階の個人的に予想される美容に関する8つの未来予想です。まだまだ様々なことが起きるかもしれませんが、参考にして頂いたり、追加予想などありましたら、ぜひお聞かせくさい。