白髪染めは【別名】グレイカラーと呼ぶ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
スポンサーリンク

美容室のヘアカラーには2種類あるというのはご存知でしょうか。

黒髪を染める【おしゃれ染め】と白髪を染める【白髪染め】

しかし、意外と知られていないのがその呼び名です。

・おしゃれ染め → ファッションカラー

・白髪染め   → グレイカラー

実は、この呼び方は美容業界では当たり前のように呼ばれています。

昔からずっとあるのに、お客様は全く知らない

この記事を見てはじめて知った人もいると思います。

そもそも、お客様からしてみれば『カラーはカラー』なんです!

それが、おしゃれ染めだろうと白髪染めだろうと知る由もないという話です。

僕個人の意見としては、「染まれば呼び名は何だっていい」と思います。

大事なのは結果であって、薬剤の種類なんてどうでもいいんです。

なぜカラー剤が2種類あるのか?

その答えは、染料濃度毛髪を明るくする力が違うからです。

ファッションカラーは、黒髪に入っているメラニン色素を脱色し、求めている色素を人工的に入れるタイプのカラー剤です。

それに対してグレイカラーは、脱色する力はファッションカラーより弱いのですが、白髪は色素が薄い毛髪なのでそれを染めるには大量の染料が必要になるので、色素が濃く作られています。

カラー剤の特徴をまとめると、大きく分けてこのようになります。

白髪は染めたいけど、暗くはしたくない

ここ最近、こういったオーダーは非常に多く頂いております。

明るめということで、ファッションカラーで白髪を染めると白髪は染まりません。かといって、グレイカラーで染めると暗くなりすぎるの現実。

『良いトコ取りのカラー剤はないの?』というのが本音だと思いますが、残念ながら今のところ各メーカー見てもそこに特化したものはありません。

一本のカラー剤に集約することは、今のところ不可能のようです。

白髪を染めつつ、髪色を明るくする方法はある

先ほどお伝えしたのは、“一本のカラー剤で白髪を染めつつ髪色を明るくするのは不可能”という話です。

実は、ある方法をやると白髪も染まりつつ明るい白髪染めが出来ます!

その方法は、、、

ファッションカラーとグレイカラーのブレンド

ファッションカラーの明るくする力とグレイカラーの染料を黄金バランスで配合したもので染めると、明るいグレイカラーをすることが可能になります。

このブレンドと技法を考えるのに時間は掛かりましたが、かなり良い感じで染まります!(※個人差はあります)

グレイカラーでは難しい“アッシュ系”の色も可能

白髪を染めるにはブラウン色素が必要不可欠です。

人気の色味でもあるアッシュ系を出すにはこの赤みの強いブラウン染料がかなりジャマをするので、白髪染めでアッシュ系を出すのは難しいとされてきました。

しかし、独自の配合と技法で染めれば、明るくて白髪も染まるアッシュ系の色が出せます。

これで、泣く泣くブラウン系の色で我慢してきた方に対して救済の手を差し伸べることが出来そうです。

日本の平均年齢は現在“47歳”

2017年の段階でのデータですが、平均年齢が47歳ということはボリュームゾーンが30代後半〜50代前半ということ。

その世代が悩み始める、あるいは既に悩んでいる髪のことと言えば間違いなく『白髪問題』です。

かつての美容室では、この白髪問題に対して行ってきたのが“ただただ黒く染める”ということ。

今までの時代はそれで良かったかもしれませんが、今の時代は違います。

今の30代後半〜50代前半の女性は、ひと昔とは違って若くて綺麗な方が非常に多いです!

そういった方々のニーズに応えるべく、僕は様々な実験や研究をしてきました。

白髪に特化した美容師

新店【R-est-ær-T】では僕がやりたかったこと、お客様への個別対応と白髪に特化したメニューで、白髪にお悩みの女性に美しくいて頂こうと考えています

白髪でお悩みの方は、ぜひ一度下記のLINE@からご相談頂ければと思います。

友だち追加

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加