現役美容師が声を大にして言いたい!!絶対使ってほしくない“市販品ワースト3”

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
スポンサーリンク

ドラッグストアに行けば、本当に様々なヘアケア商品が売られています。

シャンプーやコンディショナーをはじめ、カラー剤やストレートパーマ剤までいろいろと売られていまけど、、、

消費者は、ちゃんと分かって使っているのでしょうか??

ということで!今回は、

市販商品でこれだけは使ってほしくないワースト3

をお伝えしたいと思います。

ワースト3.『ヘナ』

ヘナはここ最近、雑誌やCMなどで“傷まない”という謳い文句でよく取り上げられていますね。

確かに傷みませんが、おすすめはできません。

実は、ヘナで染めると髪の毛の色を変えることは非常に難しいです。

「いつもの色も飽きたから、ヘアカラーの色を変えようかな?」と思っても、簡単には色を変えることはできません。

なんなら、パーマやストレート、トリートメントの薬剤も一切入っていかなくなりますので、それらを全て捨てる覚悟があるなら良いと思います。

僕も色々とチャレンジはしてみましたが、完全には落とし切れませんでした。

ちなみに、天然のヘナはオレンジ色しか存在しませんので髪色も選べません。

ワースト2.『ブリーチ』

軽い思いでブリーチをセルフで行うと大変なことになります。

まず、ブリーチが行っていることは、毛髪内に存在する染料と髪自体のメラニン色素の破壊です。

ブリーチを直訳は【破壊】です。

色素と染料破壊すると同時に、髪に必要な栄養分も破壊します。

特にブリーチ技術は、僕ら現役美容師でも難しいと言われているくらいの超難易度の高い技術なんです。

それをセルフでやるなんて、、、

手の自由が一番利く万全の状態の美容師が「難しい」と言っている技術だということを認識しておいて欲しいです。

ちなみに、セルフでブリーチをする場合100%色ラができますので覚悟しておいて下さい。

その色ムラ直しのために美容院きて色を直すんであれば、最初から美容院でカラーをしに来て下さい。

ワースト1.『ストレート剤(縮毛矯正剤)』

これは、絶対使わない方がいいです。

『髪の毛なんていらない!』という覚悟があるなら、べつですが。

無知な状態でこの技術を行うと本当に大変なことになります。

最悪の場合、髪の毛が根元からプチプチとどんどん切れて、髪自体が無くなります。

色のムラや多少の傷みならまだなんとか取り繕うことはできます、髪の毛が存在しているので。

でも、存在していない髪の毛、あるいは、存在していない髪の毛に等しい髪の毛に対しては、全く何も出来ません。

と、ここまで、色々と説明させて頂きましたが、最後に1つ言いたいことは、

一度傷んだ髪の毛は元には戻りません!

髪のダメージは減点法です。

それについて書いた記事はコチラから→【一度傷んだら治らない!?髪のダメージは減点法

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加