エピソード

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
スポンサーリンク

ここ最近、「美容師という仕事を選んで良かった」と、心底思います。

美容師を選んだ理由をいくつか挙げると、、、

  • 手先が器用だったから
  • ものづくりが好きだから
  • 誰かを喜ばせたいから
  • お客様の喜んだ姿が直接見れるから
  • おしゃれをするのが好きだから
  • 美容の持つイメージが良いから
  • 努力が嫌いではないから
  • やったらやった分、返ってくるから…etc

これらの理由と学生時代のあるエピソードがあったから、僕は今の仕事【美容師】を選んだのだと思います。

今回はそんなエピソードを少しお話ししたいと思います。


【EP1】おしゃれに目覚めたきっかけ

僕がはじめて美容院に行ったのは、中学1年生(13歳)の頃です。小学校では集団登下校をしていたが、中学では個人で登下校する制度に変わり、はじめは一人で通っていました。

しかし、中学で仲良くなった友人がたまたま近くに住んでいたことから、彼と一緒に登下校するようになりました。

いつも一緒に登下校していた彼は、ファッションも髪型もおしゃれで当時の僕からしてみたらおしゃれの先輩のようなでした。

当時13歳なので、なぜ彼が良い感じなのかは具体的には理解出来ず、登下校の会話の中で彼はいつもアドバイスをしてくれていました。

彼:「テツは髪型を変えた方が良いよ。…美容院に行って髪切ったら?」

これが、僕がはじめて美容院に行くきっかけとなった彼の一言でした。

【EP2】はじめての美容院

おしゃれの先輩でもある友人から美容院で髪を切ることを提案されて、家に帰るや否や母親にすぐ自分の意思を伝えました。

前野:「俺、床屋じゃなくて今度、美容院で髪を切りたいんだけど…」

そう伝えると、母親は少し驚いていましたが了承してくれました。

髪もちょうど伸びてきていた頃だったので、美容院の予約の電話を自分でして、次の休日にはじめての美容院に行くことになりました。

そして、待ちに待ったはじめての美容院の日。

緊張と「遅れちゃいけない」という気持ちのあまり予約時間より早く着いちゃうという、店側としては少し迷惑な感じでお店に到着しました。

そんな僕にも関わらずお店の方々は親切な対応をして頂き、予約通り施術が始まりました。

しかし、実は当時の僕はキング・オブ・ザ・人見知りだったのでずっとモジモジしてました。(今では想像が付かないww

最低限の要望だけ伝えて、残りは「うん」とか「う〜ん」という事しか返事ができない会話をしていました。

そんな人見知りの僕の様子を担当の美容師さんは理解し、いろいろと丁寧に対応して貰いました。

そして、ついに新しい髪型が完成しました。

完成した新しい髪型を鏡で見た瞬間、僕に衝撃が走りました。

前野:(え!?床屋の時と全然違う!こっちのがいい!!)

帰ってからテンションが上がりっぱなしで、その日は寝る前まで収まりませんでした。

【EP3】人生初の“モテ期”が来る

髪型が変わってはじめてお披露目したのは、当然一緒に登下校している友人だ。

おしゃれに敏感な彼は、僕を見るや否や

彼:「テツ、髪切った?そっちのがいいじゃん!!」

すぐにお褒めてくれた。これは、正直めちゃくちゃ嬉しかったのは今でも覚えている。

その後学校に登校しても、僕の髪型の話は休み時間の度に話された。

今まで地味で人見知りだった僕がまさに脚光を浴びた瞬間でした。

僕はこの時、注目されたことで「美容院に一生行こう!」心に決めました。

そんなこんなで髪を切るのを美容院に変えてから、数ヶ月経った頃です。

授業中にクラスの女子から手紙が回ってきました。

そこには(テツって、好きな子いる?)と書かれていました。

(いないけど、、、どうして?)と書いて返したら、しばらく手紙のラリーが続き、、、結果、どうやら自分のことを好きな子が複数いることが判明しました。

そこでやっと「これはモテ期だ!」ということ確信しました。

そして、嬉しかった反面、どうしてそうなったか?を振り返ったら、どう考えても美容院でイメチェンした事しか思い浮かばなかったのです。

それからというもの、美容師に対する憧れが一層増し、髪型だけではなくファッションにも興味を持ち始めどんどん個性を出すようになりました。

人見知りで女の子と話すことなんて出来なかった僕が、美容院でイメチェンをした事がきっかけで自分に自信が持てるようになりました。

【EP4】決意

中学2年生のある日の夜、僕はついに母親に心の内を打ち明けます。

前野:「俺、美容師になりろうと思うんだけど…」

すると、母親は間を開けることなく、こう答えました。

母親:「手に職を持つ事は良いんじゃない?厳しい世界ろうけど、アンタがやりたいなら好きにしなさい」

と、いつも叱られてばっかりで恐かった母親から、まさかの背中を押してくれる言葉でした。

それからというもの、僕は美容師になりたい一心で無我夢中でした。

中学・高校とその夢もブレる事なく、無事に美容学校に入学・卒業して念願だった美容師免許を修得しました。

その後、Bee-msに新卒として入社しお客様やスタッフに支えられながらも、入社してから約8年半が経ちました。

そして今年の11月、僕は中学の時からの夢だった“自分の店を持つ!”という目標が叶えられそうです。

中学1年生の時にはじめて美容院に行ったことがきっかけで、まさかここまで来れるとは思いもよりませんでしたが、今年はこの15年越しの夢を実現させにいこうと思います。

長々と長文にお付合いして頂きありがとうございました。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加