現役美容師がお客様からオススメされた「これは、面白い!」と思う映画-100選-

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

今回の記事はずっと書きたかったテーマです!

お客様からオススメされた「これは、面白い!」と思う映画-100選-というのをジャンル別に書いてみました。

良かったら映画選びの参考にしてみて下さい。

ネットのレビューよりも、お客様から聞いた実際の口コミなので有力ですよ。

目次

手に汗握るアクション映画

ミッション・イン・ポッシブル

オススメ度 ★★★★★+★

最先端のメカを駆使して不可能なミッションに挑むトム・クルーズ主演のアクション映画の名作。実はこのメカたちはすでに実現可能なものばかりで、そういった人類の作った最先端のテクノロジーも垣間見ることができます。

ヒットマン・エージェント47

オススメ度 ★★★★☆

ティモシー・オリファント演じるスキンヘッドのヒットマン【エージェント47】が笑っちゃうほど無敵です。その無敵のアクションは必見です。

メカニック

オススメ度 ★★★★★

ジェイソン・ステイサムの華麗な仕事さばきが凝縮された一本。依頼をされた仕事は完璧にこなす解体屋(殺し屋)の綿密な計画とアイディア、そのアクションに注目です。

レッド

オススメ度 ★★★★☆

元CIAの腕利きエージェントが引退後も謎の組織に命を狙われ立ち向かうよくある設定だが、展開が次々と変わり一度観たら目が離せなくなるアクション映画です。ちょっとしたコミカルな要素にも注目です。

キングスマン

オススメ度 ★★★★★+★

どの国にも属さない世界最強のスパイ機関『キングスマン』の活躍と青年の成長を描いたストーリー。主演のコリン・ファースが劇中で魅せるノーカット百人斬りのシーンは圧巻です。

エクスペンダブルズ

オススメ度 ★★★★☆

主役を張れる俳優陣をかき集めたこの映画。「え?こんな人までチョイ役で出てるの!?」という超豪華メンバーで固められたキャスト。もし友情出演ではなかったら、恐ろしい程のギャラの額になっているに違いないです。

マッハ!!!!!!!!

オススメ度 ★★★☆☆

ムエタイの達人が己の身体のみで敵に立ち向かうタイのアクション映画。注目なのは、ノーCG、ノースタント、ノーワイヤーという、人間の身体能力のみで撮影したアクション。撮影中は、生傷が絶えなかったそうです。

ウォンテッド

オススメ度 ★★★★★

アンジェリーナ・ジョリー主演の思惑と思惑が交錯するぶっ飛び殺し屋アクション映画。どんなケガも全て治してしまう白血球を活発にさせる謎の液体は個人的には堪らなく欲しいです。

車好きには堪らないカーアクション映画

60セカンズ

オススメ度 ★★★☆☆

どんな車も60秒で盗んでしまう窃盗のエキスパート、メンフィス。窃盗の世界から離れていたが、拐われた弟を救うため出された条件の超高級車50台を盗み出す計画に踏み切る。登場する超高級車に車好きには堪らない。

ワイルド・スピード

オススメ度 ★★★★☆

王道のカーアクション映画。ド派手なカーアクションとフルカスタムされたスポーツカーは、シリーズを通して見る者を釘付けにすること間違い無しです。

ニード・フォー・スピード

オススメ度 ★★★★☆

ゲームから映画化されたこの作品。なんと言っても、登場するスーパーカーに車好きは大興奮することでしょう。最近はCGを使ったカーアクションが多い中、この作品は実物の車とスタントを使って撮影したこだわりにも注目です。

トランス・ポーター

オススメ度 ★★★★☆

車+銃がこれほど似合う男がいるでしょうか?ジェイソン・ステイサムの冷静かつ華麗なアクションに惚れ惚れします。そして、観終わる頃にはアウディに乗りたくなります。

タクシー

オススメ度 ★★★★☆

フランスのマルセイユを舞台に陽気なタクシー運転手と新米刑事が強盗団を相手に奮闘するというストーリー。特殊改造されたタクシーで街を滑走するシーンは見モノです。

ミニミニ大作戦

オススメ度 ★★★★★

盗んだ金の延べ棒を仲間の一人に裏切られ、横取りをされてしまう。奪われた金の延べ棒を取り返すがため、各分野のスペシャリストとミニクーパーが大活躍するカーアクション映画。作品を観るとミニクーパーである秘密分かります。

トルク

オススメ度 ★★★☆☆

カーアクションはよくあるけど、バイクアクションは少ない。ワイルドスピードのプロデューサーが手掛けるバイクアクション映画の隠れた名作。後半にかけスピードとテンションが上がります。

先読みが出来ない映画

ドラゴン・タトゥーの女

オススメ度 ★★★☆☆

激しい描写があったりするので、家族と一緒にというよりかは一人で観ることをおすすめします。ただ、演出の音楽であったり、役作りのために切ったルーニー・マーラの髪型には注目です。

インセプション

オススメ度 ★★★★★+★★

夢の中で相手から重要情報を引き出す「引き出し人」という産業スパイが挑むSFアクション映画。クライマックスは「今が何階層なんだ?」と複雑に入り組む演出とその迫力に度肝を抜かれること間違い無しです。

パルプ・フィクション

オススメ度 ★★★★★

二人のギャングの何でもない会話やカップルへの説教だったりと何でもないやりとりのシーンをくっつけたという映画。斬新な設定や迫力のシーンが特別あるわけではないが、なぜか記憶に残ってしまうというジワジワくる一本です。

グランド・イリュージョン

オススメ度 ★★★★★

スピーディーな展開に先読みが追いつきません。マジック、イリュージョン、メンタリスト、全てのパフォーマンスが集約された、まさにエンターテイメント作品。

ザ・ゲスト

オススメ度 ★★★★☆

ネットでは様々な意見が飛び交っていますが、前情報なくこの作品を観るとすごく楽しめると思います。ストーリーの始まりから結末への展開はもちろん、ちょっとした演出の工夫や演技に高評価です。

フォーカス

オススメ度 ★★★★★

最後のネタばらしの時にハッとさせられるトリックに驚くと思います。構えてみる映画というよりも、「なんとなく今日は映画観ようかな」という気分の時におすすめの映画です。

セブン

オススメ度 ★★★★★+★

脚本構成と演出の鬼才さに類い稀なるセンスを感じます。最後に待ち構えるオチの後味の悪さに誰もがとてつもない印象与えられます。お客様からも「セブンはマジで凄い!」よくお聞きします。

生き残りをかけたサバイバル映画

ハンガーゲーム

オススメ度 ★★★★☆

北アメリカに位置する国家パネムでは、キャピトルという富裕層によって支配されており、年に一度キャピトルを囲む12の地区から代表者を選出し、贄として24人の中から優勝者1人を選ぶため闘うというサバイバル映画。

メイズ・ランナー

オススメ度 ★★★★★

高い壁に囲まれた謎のエリアに放り出された記憶を失った少年。唯一の出口かもしれない迷路があるが、そこを朝には扉が開き夜には閉まる。そこを出た者は誰一人いない中脱出を試みるサバイバル映画。

ミスト

オススメ度 ★★★★☆

人はパニックになると通常時のような行動は出来なくなります。目には見えない霧(ミスト)の中から襲い掛かる恐怖に耐えながらも立ち向かう主人公たちに訪れるのは衝撃のラストです。

アウト・ブレイク

オススメ度 ★★★★☆

エボラ出血熱を遥かに凌ぐ致死性を持つウイルスの恐怖と、それに立ち向かう人々の姿を描いたパニック・スリラー映画。設定こそありきたりだが、なぜかのめり込んでしまう作品です。

パラサイト

オススメ度 ★★★★☆

学園モノ+ホラー+サスペンスではトップクラスの作品。誰が味方なのか分からなくなる恐怖とテンポの良い展開に、つい観入ってしまうこと間違い無しです。水をよく飲む人を見かけたら怪しく見えてきます。

閉ざされた森

オススメ度 ★★★★☆

嵐の密林地帯で特訓中のレンジャー部隊が行方不明になるところから物語は始まります。そして「どうして彼らは殺し合っているのか?」という疑問を残し、二転三転する展開に最後まで目が離せない作品です。

外さないゾンビ映画

ワールド・ウォー Z

オススメ度 ★★★★★

「もし世界中でゾンビウイルスが蔓延したら、、、」という想定を再現した見事な作品だと思います。クライマックスのシーンでは、一か八かの行動に息を呑んで観入ることでしょう。

ショーン・オブ・ザ・デッド

オススメ度 ★★★★★

ゾンビ×コメディの傑作。終始コミカルに作られていて、飽きる事なく観ることができます。ツッコミたくなる演出に「なんじゃこりゃー」の連続です。

バイオ・ハザード

オススメ度 ★★★★★

ゲームから映画化された王道のゾンビ映画シリーズです。ゾンビはもちろん、その他のモンスターには最新のCGを駆使して撮影をしているので、迫力の映像とアクションは必見です。

バタリアン

オススメ度 ★★★★☆

ゾンビ映画の名作。音楽や演出の評価も高いこの映画で、まさかのオチは賛否両論の意見が飛び交っています。ホラー×コメディの金字塔でもあるこの作品を一度ぜひ観て頂きたいです。

ゾンビ・ランド

オススメ度 ★★★☆☆

王道のゾンビ映画とは違い、襲いかかるゾンビをバッタンバタン倒していきます。生存者がもの凄く少ない中起きる、コメディ要素やラブストーリー要素も見所です。

ハラハラするスリリングな映画

ラスト・サマー

オススメ度 ★★★★★

ホラー映画を観るならこの作品。『ラスト』には二つの意味が掛かっているのをストーリーの中盤で気付きます。中だるみしない演出に一度見始めたら病みつきになるかもしれません。

スピード

オススメ度 ★★★★☆

主演のキアヌ・リーブスが一躍有名になった作品。バスに仕掛けられたのは、時速50マイルを下回ると爆発するという爆弾。ノンストップ・アクションに最初から最後まで緊張しっ放しです。

フライト・ゲーム

オススメ度 ★★★★☆

一般客を装い任務を遂行していた航空保安官の主人公の携帯に一通のメールが入る。「1億5千万ドル送金しなければ、今から20分ごとに誰か1人づつ殺す」姿の見えない凶悪犯と戦うフライトパニック映画。

タイム

オススメ度 ★★★★★

腕に刻まれた数字(寿命&所持金)が0になった瞬間死ぬという、『Time is Money』がまさに現実の世界になったという作品。腕に刻まれた数字の増減により、その人の性格も変えてしまうという描写に人間のリアリティを感じます。

ディープ・ブルー

オススメ度 ★★★★☆

サメ映画といえば『ジョーズ』のような巨大人食いザメを連想しますが、この作品出てくるサメは脳細胞が異常なまでに活性化されたサメです。ただ襲うのではなく、頭脳的に襲いかかってきます。

インビジブル

オススメ度 ★★★★★

「もし透明人間になれたら、、、」というは一度は妄想したことはあるかもしれないが「もし戻れなかったら、、、」ということまでは考えたことはあるでしょうか。見えない恐怖ハラハラします。

メカ・ロボットSF映画

リアルスティール

オススメ度 ★★★★★+★★

未来では人間同士ではなく、ロボットとロボットが闘うロボットボクシングが持て囃される設定。そこでロボットを通じて失いかけていた親子の絆を取り戻すSF感動ストーリー。個人的にイチオシの一本です。

パシフィック・リム

オススメ度 ★★★★☆

ロボットや怪獣を最新のCGを駆使して製作。その技術が認められてハリウッド版『ゴジラ』の製作を『パシフィック・リム』の製作陣が担当することなっきっかけの一本です。

ターミネーター

オススメ度 ★★★★★

『ロボット=ターミネーター』というイメージを作りげた革新的な映画であると同時に、ロボットによる恐怖を植え付けた作品と言っても過言はないと思います。個人的にシリーズ全て観て頂きたいです。

トランスフォーマー

オススメ度 ★★★★★

車×飛行機×ロボットという男性が好きなものを一つに集約したトランスフォーマー。マイケル・ベイ監督とスピルバーグ監督の最後のコラボ作品にしようとしていたが、まさかの大ヒット作に。

ロボコップ

オススメ度 ★★★★☆

少し前にリメイク版が出てましたが、オススメはリメイク前の作品です。少しハードな場面もありますが、人間とロボットの共存をいち早く取り入れた内容と言っても過言ではないと思います。

チャッピー

オススメ度 ★★★★☆

上記のロボコップとは少し異なり、チャッピーは人工知能を搭載したAIロボット。元々、実験用に作った試作ロボットが急成長をし人格を持つようになるが、後に自分の身体の秘密を知ることになりショックを受ける。

アンドリュー NDR114

オススメ度 ★★★★☆

「人間になりたい」という願望を持つアンドロイドのアンドリューの200年にわたって人間の心を育んでゆく過程を描いた心温まるヒューマンドラマ。

バトルシップ

オススメ度 ★★★★★

浅野忠信が出演するSF、ラブストーリー、ミューマンドラマ、戦艦アクションという様々な要素ギュッと詰まってて「戦艦ってカッコイイ」と思える作品です。

モンスターパニック映画

エイリアン

オススメ度 ★★★★★

エイリアンそのもの発想や設定、そして演出に物凄くセンスを感じます。後にシリーズ化がされていきますが、初代のこの作品が初めて世に出た時の事を想像すと、非常に斬新でかつインパクトがあったに違いないです。

ジュラシック・パーク

オススメ度 ★★★★★

恐竜がただ単にポンと出てくるのとは訳が違い、人工的生み出したというリアリティのある設定。人類が作り出したものに自らが滅ぼされてしまうという、人間への皮肉さもこの作品からは感じられます。

プレデター

オススメ度 ★★★★★

姿を自由に消す事の出来るスーツを身に纏い、強力な武器で襲い掛かるプレデター。後にシリーズ化されるなんて思わず製作された初代の作品が最もオススメです。どこから攻撃をされるか分からない緊張感に手に汗を握ります。

トレマーズ

オススメ度 ★★★★☆

振動を起こさない生活を皆さんは送った事があるであろうか?砂漠にある小さな田舎町に突如現れた不審死を辿っていくと、そこにはとんでもないモンスターの正体が。観終わった後は何とも言えない爽快な気持ちになります。

メン・イン・ブラック

オススメ度 ★★★★★

アッと驚くエイリアンや愛着のあるキャラクターたちが宇宙規模で闘う壮大なスケールのこの作品。デザイン、発想、設定にプラスでコミカルな演出が今までになかった感があり、観応えのあるSF映画の一本です。

第9地区

オススメ度 ★★★★☆

ただのSF映画かと思いきや、社会映画に近いものを感じる作品です。見た目こそエイリアンだが、征服者と降伏者を表していると捉えるとどこか他人事として観ることのできない一本です。

シン・ゴジラ

オススメ度 ★★★★★+★★

ただの怪獣映画ではありません。ストーリーが「実際に巨大生物が出現したら…」という視点で作られているので、人間側のリアルな対応や緊張感が伝わってくる今までになかったゴジラ映画です。

近未来SF映画

アイランド

オススメ度 ★★★★☆

クローン人間と政府の非情なエージェントとの死闘を描くSFスリラー。一転二転する意外な展開は、緊張感にあふれ、最後まで目が離せなくなります。

オール・ユー・ニード・イズ・キル

オススメ度 ★★★★★+★★

死んでも死んでも何度もまた同じ場面から人生が再スタートする。違うのは以前の記憶が残った状態でスタートするので、前回のミスをしないよう次の展開へと進んでいく。最終的にどんな結末が待っているかは観てのお楽しみです。

アバター

オススメ度 ★★★★★+★

注目すべきなのはその圧倒的な世界観!その美しい景色やそれらを取り巻く生物や植物全てが今までに見た事のないモノばかりです。それらのデザインやアイディアに秀でたセンスを感じる作品です。

マッド・マックス

オススメ度 ★★★★☆

荒廃した近未来を舞台に、人々が物資や資源を奪い合うまさに北斗の拳ような世界観(実は北斗の拳は、昔のこの作品から影響を受けているそうです)。ぶっ飛んだ世界観ですが、観始めるとなぜかこの世界観に引き込まれてしまいます。

バック・トゥ・ザ・フューチャー

オススメ度 ★★★★★+★★

名作中の名作で何度観ても飽きない!個人的にはパート2が好きです。1985年に製作されたとは思えないほどのクオリティ。アイディアや脚本、設定はどれをとっても超S級の素晴らしい作品だと思います。

トゥモローランド

オススメ度 ★★★★☆

ディズニー映画はSFの中にも少しファンタジー要素を取り入れたものが多いので、この作品もサクッと間観ることが出来る一本です。近未来な武器や装置にはディズニーっぽさ滲み出てます。

安定のアメコミ映画

アイアンマン

オススメ度 ★★★★★

スーパー金持ち×出来る男×無敵のスーツという男の追い求める三拍子が揃ったトニーのド迫力アクションとそのスケールの大きさが凝縮された作品。男心をくすぐられる事間違いなしです。

アントマン

オススメ度 ★★★★★

今までとは真逆の発想。通常ですと巨大化するのがセオリーだが、あえて小さくなるという設定。小さくても強い、ダメなお父さんが子供のために奮闘するストーリーです。

デッドプール

オススメ度 ★★★★☆

「こんなに下ネタをバンバンぶち込んでくるキャラ設定をよくマーベルはOKしてくれたな」と思う本作品。生身の人間の設定なのだが、アクションが人間離れしているところは「さすがマーベル!」と思います。

アベンジャーズ

オススメ度 ★★★★★+★

マーベルのキャラターをほぼ総出演させたこの映画の迫力と豪華さは見モノです!さらにただ総出演させただけではなく、それぞれの話が繋がっていたというストーリーの一貫性も目が離せないシリーズです。

ダーク・ナイト

オススメ度 ★★★★★+★

バットマンシリーズで初めて『バットマン』という言葉を外した作品。ジョーカー役のヒース・レジャーの怪演は観る者を圧倒します。しかし、作品の公開前にヒース・レジャーは28歳という若さこの世を去ります。まさに伝説の作品です。

衝撃のラストに驚きが隠せない映画

インター・ステラー

オススメ度 ★★★★★+★

スケールが壮大で「これぞSF!」という言葉が相応しい映画。時間軸のズレであったり時空を飛び越えた内容に理解が後からやってくるのも凄いと思える見所です。ラストに本棚の謎が解ける所にも注目です。

バタフライ・エフェクト

オススメ度 ★★★★☆

日記を読み返すと過去のその時点に戻れるという特殊能力に気付く主人公。過去に戻って運命を変える決意をするが、その選択によってその後の未来も変わっていくことにも気付く。その時の選択によって運命が変わるという物語。

ルーシー

オススメ度 ★★★☆☆

もし人間の脳を100%機能することができたらというストーリー。「本当にできるの?」という描写もありますが、最終的なオチは誰も予想はできないと思います。

猿の惑星

オススメ度 ★★★★★

まさかのオチとして最も有名な作品ではないでしょうか。当時の発想としては、かなり秀でたものを感じます。猿と人間の立場が逆転するとこうなります。

オールド・ボーイ

オススメ度 ★★★★☆

突然、何者かに連れ去られ、そこで20年間監禁された男の話。「なぜ自分なのか?」「なぜ20年間も監禁されたのか?」その謎を突き詰めると、そこには衝撃の理由があった。

ファイト・クラブ

オススメ度 ★★★★★

自己保存、自己破壊、自己確立といった青年が男になるまでを独特の比喩で描いた作品。「これって、そういうことか!」という連続で、ブラッド・ピットがいちいちカッコ良くて惚れ惚れします。

ユージュアル・サスペクツ

オススメ度 ★★★★★+★★

男が尋問をされている所から物語は始まり、その話を元に映像が始まっていく。何気なく観ているといつに間にかのめり込んでいて、真相が明らかになるクライマックスのシーンはもう鳥肌モンです!

パフューム

オススメ度 ★★★★★

ラストのシーンは誰も想像が出来ないクライマックスを迎えます。嗅覚も極限までくるとこうまでなるのか?と思わされます。それまでのシーンでも猟奇的な行動やその演出など、サスペンスの要素も高い作品です。

観終わったら「明日から頑張ろう」と思える映画

バーレスク

オススメ度 ★★★★★

歌手を夢見るヒロインがロサンゼルスのクラブで働き始め、次第にその才能を開花させていくサクセス・ストーリー。派手で華やかで元気になれる映画です。

プラダを着た悪魔

オススメ度 ★★★★★

「仕事がつまらない」と思っている方には、ぜひ観て頂きたい1本です。ストーリーの設定がファッション業界ともあって、出てくる服がまたオシャレでかわいい服ばかりなのも注目です。

スティーブ・ジョブズ

オススメ度 ★★★★☆

スティーブ・ジョブズの常人では考えられないこだわりがこの作品を通じて知ることができます。プレゼン前のドタバタした中、彼の思いつきで定刻までに間に合うのかどうかの緊張感に観ている側がドキドキします。

マネーボール

オススメ度 ★★★★★

メジャーリーグの貧乏球団を独自の理論で常勝球団に育て上げた男の半生を描いた感動ヒューマンドラマです。「人は何となくの印象で判断してないか?」や「金額はその人の価値だ」という言葉には共感しました。

最強のふたり

オススメ度 ★★★★★

この作品を観ると障がいを持つ人への見る目が変わります。「かわいそうだから」や「身体に悪いから」という、つい思いがちな発想を一掃してくれます。実話を元にして製作されたノンフィクション作品です。

マイ・インターン

オススメ度 ★★★★★

年齢・性別・地位も違う男女が出会い、徐々に友情を育んでいく過程を描くヒューマンドラマ。女性にエールを送る、まさに今の時代を象徴したかのような映画です。

一緒に観ると盛り上がるコメディー映画

ハング・オーバー

オススメ度 ★★★★☆

2日後に結婚式を控えた友達とハメを外して屋上で酒を酌み交わすと最後、翌朝目が覚めると記憶がなく、なぜかトラが居たり見知らぬ赤ん坊が居たり、そして肝心の花婿が居なくなっているという、まさにはちゃめちゃコメディ。お酒の力って怖いです。

ブラック&ホワイト

オススメ度 ★★★★☆

2人の凄腕CIAエージェントが、ふとしたことから1人の女性を好きになってしまうというストーリー。CIAならではの武器や道具を駆使して泥沼の争いをするアクションラブコメディ映画。

マスク

オススメ度 ★★★★★

お人好しで気弱な冴えない銀行員がある日拾ったマスクを被ると一変、夜は無敵の魔人に変身できるようになる。数々の超能力で敵を次々と痛快に倒すコメディ映画の傑作。キャメロン・ディアスのデビュー作でもあります。

キック・アス

オススメ度 ★★★☆☆

スーパーヒーローかと思いきや、実はそれに憧れる青年がヒーローを気取って繰り広げるアクションコメディ。シュールなセリフをサラッと言いつつも、残虐に敵をバッタバタ倒していきます。けっこうグロシーンも多いので、オススメ度は控えめです。

ホーム・アローン

オススメ度 ★★★★★

泥棒撃退のために仕掛けた数々の罠にまんまと引っかかる泥棒たちを見て腹を抱えて笑えてきます。子供の頃やったイタズラとも相まって子供心をくすぐられます。クリスマスに家族で観ると盛り上がることでしょう。

グランド・ブダペスト・ホテル

オススメ度 ★★★★★

常連客をめぐる殺人事件と遺産争いに巻き込まれた二人が、ホテルの威信のためにヨーロッパ中を駆け巡り事件解明に奔走する映画。演出、音楽、色彩と三拍子揃った映画です。

感動する映画

セッション

オススメ度 ★★★★★

ジャズドラムを学ぼうと名門音楽学校に入った青年と、彼にすさまじいスパルタ的指導を行う教師の姿を追い掛けたヒューマンドラマ。ラスト9分19秒は圧巻です。音に魅了されます。

ショーシャンクの空に

オススメ度 ★★★★★+★★

まさに名作中の名作。脚本の精度の高さに誰もが賞賛をすること間違いないでしょう。クライマックスの解放感は言葉では言い表せません。観たことない方は絶対に観て欲しい一本です。

スティング

オススメ度 ★★★★★+★

詐欺師の絆と復讐を描いたヒューマンドラマ。当時としては画期的な演出や脚本、そして役者たちの演技力にみるみるその世界に引き込まれます。特にラストのシーンは食い入るように観ることでしょう。

12人の怒れる男

オススメ度 ★★★★★+★★★

陪審員として選ばれた12人の男たちが、被告人の判決をめぐり机上で激論するヒューマンドラマ。シーンがほぼ変わらないという中、俳優陣の演技力と脚本の構成力にみるみる引き込まれてしまう名作。

シザー・ハンズ

オススメ度 ★★★★★

ティム・バートン監督とジョニー・デップの初タッグ作品。大人になってから改めてみると、心締め付けられる感動の作品になっていました。劇中で使われる音楽や色使いなんかもこの作品の魅力です。

グリーンマイル

オススメ度 ★★★★★+★

死刑囚舎房を舞台に、不思議な力を持つ死刑囚と看守たちとの心の交流を描いた感動ヒューマンドラマの名作。不平等さに対する気持ちと「こうあって欲しい」という気持ちで胸が締め付けられます。

鉄板のアニメ映画

カーズ

オススメ度 ★★★★★

ピクサーとディズニーがタッグを組む最後の作品として話題となった作品。『人生とは何なのか?』を見出していく主人公マックィーンの友情と愛を描いた感動物語。

ベイマックス

オススメ度 ★★★★★

並外れた頭脳を持つ少年ヒロが、生前に兄が開発したロボットのベイマックスと一緒に死の真相を暴こうとするアドベンチャー作品。見た目と違って意外と機敏な動きをするベイマックスのアクションも見所です。

シュガー・ラッシュ

オススメ度 ★★★★★

人気ゲームの悪役でいることに疲れてしまったキャラクターが、お菓子の国を舞台にしたレースゲームの世界に入り込んでヒーローになろうとしたことから思わぬ騒動が巻き起こります。悪役だって、主役になりたいんです!

トイ・ストーリー

オススメ度 ★★★★★

ディズニーとピクサーがタッグを組んだ初の作品。ディズニー映画らしい心温まる感動映画で、トイ・ストーリーはシリーズを通して大人も子供も楽しめる名作です。

耳をすませば

オススメ度 ★★★★★

宮崎駿監督が監督をした作品ではないのでタイトルに『の』が入っていないことでも有名なこの作品。図書カードに連ねられた天沢聖司という名に、淡い恋心を抱く雫の青春に多くの人が共感したことでしょう。

ルパン三世・カリオストロの城

オススメ度 ★★★★★+★★

金曜ロードショーで何回も再放送されているルパン作品の一つ。この作品の注目すべき所は、宮崎駿監督の初作品という事。ルパンの声も山田康雄さんがされているという意外にもレアな作品でもあります。

時をかける少女

オススメ度 ★★★★★

細田守監督の代表作。タイムリープという不朽のテーマに青春を合わせた儚さと切なさを兼ね備えた作品。10年以上も前の映画ですが、古さを全く感じません。

サマー・ウォーズ

オススメ度 ★★★★★

続いても、細田守監督作品。ネット世界を題材にした作品で現代人が忘れかけているもの、そんな当たり前の事を問いかけている映画。夏になると観たくなる一本です。

LEGO®ムービー

オススメ度 ★★★★★

パッと見だと「所詮、ただのLEGO®︎でしょ?」思われがちですが、これがただのおもちゃ映画ではない!ぶっちゃけた感想としては「意外におもしろい!」LEGO®︎ならではの創造性や動きにもいちいち芸が光る作品です。

いかがだったでしょうか?

映画って本当に良いですよね!それでは。