【都市伝説シリーズ】シャンプーはゴシゴシした方が良いはウソ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

多くの人が、当たり前のように毎日行うシャンプー”

しかし、このシャンプーに対して、1つ新たな疑問が浮上してきました。

シャンプーをする時は、頭皮をゴシゴシ洗ってはいけない!?

「いやいや、シャンプーはゴシゴシ洗うから気持ちいいんではないか!」というご意見もあるかと思います。

確かに、ゴシゴシ洗うと気持ちいいんです。

僕自身もそのへんは、よーく理解は出来ています。

だって、美容師っすよ

しかし、よくよく考えて頂きたいのですが、、、

顔のクレンジングは、果たしてゴシゴシやっているであろうか??

女性ならご存知だと思いますが、メイク落としって、ゴシゴシやんなくないですか?

そう、大切なお顔のスキンケアと同じで、頭皮や髪も洗浄成分が付いた状態でゴシゴシやってはいけないんです!

ゴシゴシ洗う事で何が起きるか?

まず、洗浄成分が皮脂や汚れに覆いかぶさります。

すると以下の図のようになり、皮脂や汚れが浮き出し汚れが落ちやすい状態になります。

実は、ここですぐお湯で流しても、汚れはまぁまぁ綺麗に落ちます。

なんなら、始めの水洗をしっかり行えば汚れの8割は落ちてるってご存知だったでしょうか?

しかし!!

そこでゴシゴシと洗ってこすってしまうと、頭皮の落とさなくてもいい皮脂まで落としてしまうんです!

そこで、引き起こしてしまうのが、、、

頭皮や髪の乾燥

この乾燥を放っておくと、以下のようなことが起き始めます。

◆ ヘアカラー時に頭皮がピリピリとしみるようになる

◆ 細かいフケがポロポロ落ちてくる

◆ 髪の水分もなくなりパサつきを感じるようになる

老化は乾燥と酸化

生きていると誰しもが老いていきます。

何せず普通に生きているだけでも老けていき、それが乾燥し、そして酸化します。

年齢を重ねて、肌が乾燥するようになり、髪がパサついてきたりするのは完全に水分不足が招いた結果なのです。

水分保持

これが年齢を重ねても老けていかない一番のポイントです!

まずは、1日2Lはお水を飲みましょう。

そこから体内に水分を取り入れて、内側から水分補給をしてあげましょう。

次に、皮膚の水分や皮脂を取りすぎないようにしましょう。

せっかく水分補給をしても、外側の水分や皮脂を奪っては意味がありません。

洗剤関係のものはなるべく触れる回数を減らし、物理的にこすったりすれたりすることを避けると良いでしょう。

今まで常識と思っていたことは、今の時代ではもう常識ではなくなっていたりします。

発信した情報を何かのお役に立てて頂けたらと思います。