圧倒的理解

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

日々、日常を過ごしていると様々な場面に遭遇します。

家族と会う、友達と会う、同僚と会う、上司と会う、その他にも様々な人と会います。

しかし、全員が全員、自分の趣味や価値観などが完全一致することはないです。

「◯◯さんは、△△が好き」

「◯◯さんは、××が嫌い」

自分の中にある有りと有らゆる趣味や価値観が全く同じ人が居たら、どんなに気が分かり合えることか。

この趣味や価値観が分かり合えないから、ケンカや揉め事が発生するのです。

でも、人は機械とは違うので、国や地域によってそれがバラバラ。

分かり合うなんてことは、非常に難しいことなんです。

分かり合えなくてもいい

その人の趣味や価値観を自分に全くコピペをするなんて事ができたら、分かり合うことに時間はかからないでしょう。

しかし、そんなことはほぼ不可能に近いことです。

人の意識が全く同じになんて絶対になりません。

では、どうしたら良いのか?

相手の趣味や価値観を理解してあげることです!

相手のことを理解してあげて、その上でこちらの意見を伝えてあげることがコミニュケーションにおいて必要なことなんです。

そうすることで、揉め事の半分は解消されるのではないでしょうか。

「あの人は分かってくれない!」というセリフをよく耳にします。

だったらはじめから、こちら側から理解してあげればいいんです。

そうすれば、相手に対して話しやすい環境を作ってあげることができます。

そして相手も、自分の理解しようとしている姿を見たことで、自然とこちら側のことも理解しようとしてくれます。

これこそが、コミニュケーションの極意だと思います。

圧倒的理解

相手の趣味や価値観など、全てを理解しようとしてあげるのです。

すると、相手の様々なことを理解しようとしてくると、もはやそこに対して今まで湧いていたような感情は一切消えて失くなります。

そして、相手の言い分と自分の言い分の一番ちょうど良い折り合いのところでまで話を持っていくようになります。

これこそが、“ 圧倒的理解 ”!!

これさえ出来るようなったら、極端な話、

誰とでも仲良くなれます!

コミニュケーションを上手く取れるようになりたい人は、この圧倒的理解から始めていくと良いかもしれません。

ただ、強いて言うならの欠点が、こちら側の受ける

ストレスがハンパない!

ということです。

良くも悪くも、何かの参考にして頂けたらなと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加