投資に対しての回収

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
スポンサーリンク

美容師になるには、専門学校に入学して授業を受け、国家試験に合格し免許を取得する必要があります。

それには少なくとも2年はかかります。

新卒で就職をすると、スタイリストの仕事のヘルプをするアシスタントというポジションに就き、髪を切ることのできるスタイリストになるには最低でも平均約1年半(うちの場合)はかかります。

ということは、、、

【2年+約1年半=約3年半】の投資が必要ということになります。

離職率の高い職業【美容師】

美容師の平均勤続年数は約6.2年。

3年目までの離職率は、なんと約70〜80%!

ということは、上記でお伝えした【約3年半かける】という投資に対して、約80%近くの人は回収出来ていないということになります。

え!?もったいな!!

だって、髪を切ってお金を頂けるスタイリストになってからが、美容師として本領を発揮していくというのに、、、

それを目前に回収も出来ず辞めていくなんて、マジでどうかしてますよ!?

、、、まぁ、それを言い出したらどんな仕事も同じことは言えますが。

資格や技術が必要な仕事に関しては、特にそう感じます。

投資に対しての回収

【専門学校→就職→退職】の期間にどれだけの時間と費用がかかっていると思いるのでしょうか?

それをよく分かっていないのに、その道を始めては辞めてを繰り返すのは非常に難儀なことです。

一度決めたらならそれを貫く、もしくは今までしてきた投資に対して回収出来るところまで続けるのが道理だと思います。もちろん、よっぽどな理由がある場合は例外ですが。

それまで費やしてきた時間や費用が勿体ない、もちろんその派生する周囲の人も含めです。

すぐに辞めてしまわない選択をちゃんとすることも重要になってきます。

好きなことと向いていることは違います!

自分の特性をしっかり見極めて、選択をして欲しいです。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加