若いことは財産

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
スポンサーリンク

所謂、若いと言われている10代、20代というのは若さの全盛期です。

そこの時代を過ぎた世代から「若いって、いいよね〜」という後悔気味の言葉を漏らすことが多いように感じます。

しかし、リアルタイムでその瞬間を生きている世代には、そんなこと知る由もないのでその若さの価値に気付いていないことがほとんどです。

若さの価値

体力の全盛期というのは、一般的には20歳だと思います。

あとは悲しいことに、老いていくしか道はありません。

強いて言うのであれば、その若さを少しでも長続きさせたりするために、運動や食事に気を付けている人が多いと思います。

タイム イズ マネー

時間は刻一刻と過ぎ去っていきます。

だから「ちょっとでも若い状態をキープしたい」と思うのは自然なことです。

見た目年齢を少しでも若くする事で、若い時代を長引かせたいんです。

10〜20代の人は自分の若さの価値をもっと噛み締めるべき

実際、歳を取ってその立場にならないと、気付かないものだと思います。

『若い』ということの有り難みに気付くために必要なのは、“イメージ力”です!

少しイメージしただけでも、若い人は老いていくことが嫌に感じたのではないでしょうか?

こういった事を常に頭の片隅置いて行動をすると、本当に今出来ている事に有り難みの感情が湧き、感謝して生きていけるようになると思います。

若い時にしか出来ないことがある

肉体はいずれ老いていきます。

今は今しかありません。

後から「あぁしておけば良かった」となっても、どうしようもありません。

早めに気付いて、将来のことを見据えて行動して欲しいです。

有り余る体力や与えられた豊富な自由な時間というのは、若いが故の特権なんです。

もっと有効的に使えたら、将来がもっと楽しくなりますよ。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加