道具を大切にしないやつぁ、上手くなれるワケねぇ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
スポンサーリンク

のっけからズバッっと言わせて頂きました。

というのも、僕は仕事をするにあたってポリシーにしている事があります

道具を大切にする

これは、僕が仕事を始めるより以前の話です。

実は、小学生の頃に剣道を習っていたんです。その時に技や姿勢を教えてもらう中で『礼儀』というポイントを剣道の先生から多くを学びました。

剣道とは、身にまとった防具で体を守り、相手を竹刀で攻撃をするという競技

しかし、この道具が無いと相手に攻撃も出来なければ、自分の身すら守ることが出来ない。

その大切な道具のメンテナンスをきちんと行い、相手や道具を敬うという精神を剣道を通じて子供の時から習ってきました。

道具の手入れをしている時に、剣道の先生がよく言っていた言葉が

「道具を粗末に扱うやつは、絶対に上手くはならない」

当時は、ただ「はい!」と返事をしていましたが、今になってやっとその意味が理解できました。

美容師は道具を使う仕事

剣道と同様、美容師の技術は道具を使います。その道具を使い自分の技術を駆使してお客様からお金を頂く仕事です。

故に道具がなければ仕事も出来ないし、お客様をキレイにすることも出来ません。

道具があるからこそ、お客様に技術が提供できお客様からお金を頂くことが出来るんです

そんなお金を頂く起点となる道具を大切に出来ないやつは、お客様のことも大切に出来ていない。

道具を使って商売をし、その頂いたお金で自分にごはんを食べさせてくれている。それが、道具。

そんな道具を粗末に扱うやつぁ、技術が上手くなるどころかお客様に喜んでもらえることすら出来ねぇ!!

そう考えています。

道具を粗末に扱っていると、ブーメランの法則のようにその道具を通じて絶対に痛い目に遭います

道具に限らず、物は雑に扱ってはいけませんよ!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加