市販シャンプーの危険性

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
【危険なシャンプー・良いシャンプー】徹底調査のまとめ

↑ ↑ ↑ ↑

良い感じにNAVERまとめが上手くまとめてくれていたので、それを転載しておきます。

是非、一読してみて下さい。

市販シャンプーが悪いとされる2つの点

① 洗浄力が強すぎる

実は汚れと共に、落とはいけないものまで落としているんです。

実は人間って、もともとシャンプーをしなくてもいい生き物なんです。

人間は免疫力があるので、その環境に順応しようとする性質があります。

だから、強力な洗浄力のシャンプーを使っているとみるみる汚れは落とせますが、本来落とさなくてもいい皮脂や水分まで落としてしまうのです。

この皮脂や水分には役割があって、これにはバリアのはたらきがあります。

aaa

洗浄力が強すぎると、このバリア(ATフィールドw)が失くなってしまい、外的な悪因から身を守ることが出来なくなってしまいます。

そうなると、以下のような弊害が髪や頭皮に対して起こります。

【頭皮の乾燥】→・フケの発生・脱毛

【髪の乾燥】→・ツヤがなくなる・静電気が起きやすくなる

【毛先の乾燥】→・枝毛の発生・褪色が早くなる

② 残留しやすい成分が多い

香料、着色料、保存料、粗悪なシリコンなのどの化学薬品で構成された市販シャンプー。

残留すると体内に入ると悪いとされている成分たちです。

しかし、これらの成分は残留しやく、使い続けることでどんどん蓄積されていきます。

化学実験 化学薬品

ちなみに、これらが残留することで以下のことを引き起こします。

・頭皮の痒み・頭皮・毛先のベタつき・抜け毛・アレルギー性皮膚炎

・経皮毒・視力低下・発毛障害・白内障・過敏症・黒皮症・がん…etc

単純に上記の状態にはなりたくないので、市販のシャンプーは個人的には使わないように避けています。

価格設定

市販のシャンプーは、かなり安価に作られています。

「美容院のシャンプーは高くて使えない」と言われる方も見えますが、それはただ“ 数字 ”だけを見ていませんか?という話です。

本当に身体に害のないものを作ると、金額は自ずと美容院で売っているほどの金額になってきます

市販のシャンプーは、付いている値段に対してはそれなりにコスパは良い方だと思います。

美容院のシャンプーを値段だけで見ると“高い”かもしれません。

しかし、数字だけで見るのではなく、付いている“ 価値 ”に対して目を向けるとかなりコスパは良い方だと思います。

だって、上記で挙げた要因を防いでくれますから。

何を選択するかは、その方の価値観次第です。

この記事がシャンプーを選択するにあたっての、判断材料になれば幸いです。