しずかちゃんから学ぶコミュニケーション術

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

コミュニケーションが上手く取れない

会社、アルバイト、学校、ご近所などでこういった体験は誰しも感じたことがあると思います。

「自分の意見や要望が伝わらない」

「いつも相手のことばかり聞いてしまう」

これらは、アサーションという方法を使えば上手く相手に意見や要望が伝わるようになります。

アサーションって何?

聞きなれない言葉だと思いますので、ここからドラえもんの登場人物に例えながら、このアサーションについて解説します。

登場人物はジャイアン、のび太、しずかちゃんの3人。

身の周りの人は、大体この3タイプに分かれると思います。

まずは、ジャイアン。

ご存知の通りジャイアンは「お前のものは俺のもの、俺のものは俺のもの」というフレーズでお馴染みで、全て自分のものにしてしまおうという性格の持ち主。

つまり、、、

自分の要望は【OK】相手の要望は【NG】

その反対で、のび太は自分の意見があったとしても中々相手にそれを伝えることができず、相手の要求についつい応えてしまう性格。

ということは、、、

自分の要望は【NG】相手の要望は【OK】

ということに。

これだと、ジャイアンは自分の要望を言い付け、のび太は言われるがままに相手の要望を聞いてしまいます。

しかし、しずかちゃんは少し違います!

のび太がしずかちゃんに「ねーねー、しずかちゃん!今日遊ぼうよ」と言われた時のしずかちゃんの対応の仕方が、実は凄いんです。

「のび太さん、今日はピアノのお稽古があるので遊べないわ。ごめんなさい。明日だったら遊べるけどうかしら?」

と文章として見てみるとなんの変哲のない内容ですが、この断り方が素晴らしいんです。

この文章の中には、実は3つのことが行われています。

事実+感情+提案

まず最初に、「のび太さん、今日はピアノのお稽古があるから遊べないわ」と事実を告げています。これは、変えようのない事実をありのまま伝えているだけなんです。

日本人にありがちなのが、本当は自分の仕事で一杯一杯なのに上司に仕事の依頼をされてとNOと言えず、結局その仕事も請け負ってしまい自分を苦しめてしまうパターンです。

ここは、しっかりと今の状況を説明しましょう。

次に、それに対して自分の感情を伝えるということです。

ここでは申し訳ないという気持ちを「ごめんなさい」と伝えています。「私はこう思ってるんです」というのを相手にしっかり伝える必要があります。

最後に「明日なら遊べるけどどうかしら?」と提案までしています。

申し訳ないという気持ちを伝えた上で、さらにただ断るだけじゃなくそれをなんとか穴埋めをしようという気持ちが伝わります。

まとめると、、、

のび太さん、今日はピアノのお稽古があるので遊べないわ(事実)

ごめんなさい(感情)

明日だったら遊べるけどうかしら?(提案)

この事実感情提案がしっかり出来ていれば、コミュニケーションももっと上手くいくようになるはずです。

このやり方をアサーションと言います。

新人教育や後輩指導に役立ててもらえればと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加