• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

人間の身体の約70%は水分で構成されています

みなさんはこの水分量をちゃんと保っていますでしょうか?

というのも、水分量が最も多い時期というのが生まれたての赤ちゃんの時期です。なんと全体の水分量が約80%もあるのです。だからあんなにもモチモチのお肌をしているんです。

でも逆に、年を重ねていくとどうなるか?

なんと、老人の身体の全体の水分量は約60%にまで下がってしまうのです。水分量が減ることで、シワやシミ、たるみが増えてくるのです。ちなみに、死ぬ直前は身体の水分量が50%を切るそうです。

つまり、水分を摂らないと所謂、老化現象としてシワやシミ、たるみが増えてくるということになります。

1日に摂らないといけない水の量は?

1日約2L(厳密に言うと体重20kg=1Lの水を飲む)

ここでポイントなのが水分ではなく【お水】ということです。

え?2Lも飲まないといけないの?!」と思う方も多いのですが、一気に飲み干すわけではありません。

1日2Lのお水を飲むコツとしては、ノドが乾いていなくてもお水をちょこちょこと飲む習慣を身に付けると意外と飲めるようになります。

身体を整えることで、良質な髪が生える

冒頭でもお伝えしましたが、人間の身体は約70%は水分で出来ています。

この水分はただ存在しているわけではなく、常に身体のメンテナンスをしてくれています。体液(血や組織液、唾液、胃液、涙等々)といった水分の補充や循環(排泄や発汗)をしてくれています。

普通に生活していると、循環があるため水分たちは外へ出て行ってしまいます。そこで水分を摂らない生活が続くと、水分量が減り体内の水分が濃くなってきます。そして、食料から得たごくわずかな水分で補給を行います。

身体というものはよく出来ています。この水分補給も優先順位があり、生命維持に必要な箇所から補うようになります。

そうなると、生命維持から程遠い髪やお肌の修復は後回しになります。その結果、水分不足でシミやシワ、たるみに変わっていくのです。

お水を必要量飲む習慣を身に付けると病気の約8割を防ぐことが出来る

病気の原因というのは、血液の流れが悪くなってくることで老廃物が多い状態になってしまうことから影響します。

この血液循環を良くすることである程度の病気は予防出来ます。

循環を良くするものとしては、その他に

・運動(ストレッチやヨガ)

・食材改善(血をサラサラにするもの、体温を上げてくれるもの)

などがあります。

その他の効果として

・ダイエット効果

・便秘改善

・二日酔い防止

・むくみ解消

水に恵まれた日本にとってお水というものが当たり前すぎて気にも留めていなかったと思いますが、健康的に美しさを保ちたいのであればお水を飲むことをオススメします。