ヘアカラーにおいて、避けては通ることの出来ない問題

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

アラフェニレンジアミン

髪の色を明るくしたり、白髪を黒く染めたりする「ヘアカラー剤」で、アレルギーなどの皮膚障害の事例が消費者庁に報告され、同庁では、異常を感じたら使用をやめ、医療機関...

近年、ヘアカラーの危険性というものが徐々に取り上げられるようになってきています。

こういった問題に関して、我々美容師は真摯に向き合っていかないといけないと思います。

ヘアカラーのアレルギーとは?

アレルギーというものは、最初から症状として出る人も居れば、後から症状が出る人も居ます。

一定の量のアレルギー物質を浴び続けたり、触れ続けることでそれが徐々に溜まっていき、それがどこかのタイミングで弾けて症状として出る。

例えるならば、バケツに一定の水を入れ続けてそれが満杯になった瞬間水が溢れるのと同じようなイメージです。

その代表的な例が“花粉症”です。

花粉症に関しては、毎年増え続けていますからね。

身近なところにも危険性

ドラッグストアで売られているヘアカラー剤は使ったことはないとしても、見たことは必ずあると思います。

なぜ、美容院のカラー剤より安いのかはご存じでしょうか?

そもそもの技術料ということですでに違いがありますが、この話の流れからも理解出来るように、アレルギーになりやすい成分が多く含んだ安価なものを使っている可能性が高いからです。

もちろん、サロンでも安い材料を使用しているお店でも同様のことは起きます。

だからうちでは、使用するカラー剤はアレルギーになる可能性を限りなく減らした状態のものを使用しています。

ヘアカラーを永く楽しんで頂けるように、身体や髪に優しい商材に拘っています。

流行りのカラーよりも、まずは安全面

僕の場合、美容師としてトレンドカラーというものは知ってはいますが、正直なところそこは二の次だと考えております。

なぜなら、良いベースが無ければヘアカラーすら楽しむことが出来ないからです。

ベースが整ってから、次の提案としてトレンドを取り入れていくという考えです。

美容を通じてお客様と末永くお付合いをしていきたいので、こういった美容のネガティブな話題が流れてきても、圧倒的な知識や技術を身に付けてお客様に安心して美容を提供できる“生涯のビューティーパートナー”になる考えでいます。

もし今お困りの方やお悩みの方が見えましたら、お気軽にご相談下さい。

力になります!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【LINE予約・相談】はコチラから

友だち追加

【ホットペッパービューティー】リステート(R-est-aer-T)の美容師・スタイリスト:前野 テツマさんをご紹介。一言コメントやヘアスタイルカタログを見て得意な技術を確認したら、そのまま指名予約も可能です。24時間いつでもOKなネット予約を活用しよう!