美容師の1日って何してるの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
スポンサーリンク

お客様からよくこういう質問をされます。

美容師の1日って何してるの?

たしかに、お客様からしたら「何してるんだろう?」と思う部分だと思います。

美容師側も聞かれても、きっとザックリとしか答えていないと思います。

ということで、僕からの視点ではありますが少しお答えしたいと思います。(あくまで個人的な情報です)

通常業務

大体のお店は9:00〜11:00オープンなので、それまでに出勤します。

ほとんどの人は、オープンから1時間前くらいには出勤すると思います。

もし朝練などあれば、もう1時間前に出勤して後輩が練習をしたり、先輩はそれを見たりします。

閉店は19:00〜22:00といった感じでお店によって様々です。

もちろんその間にちょこちょこ休憩を取りますが、お店によっては、ほぼ無休憩でぶっ通しで働いているところもしばしばです。

サロンワークが終わったら、掃除や後片付けをします。

これに大体30分〜1時間くらいだと思います。

何もなければ、もっと早めに帰宅出来るワークスタイルという感じです。

一般企業の仕事と比べても、勤務時間とかはいたって普通のレベルだと思います。

べつに、帰ろうと思えばそのまま早く帰れます。

しかし、ここから残って練習したりやお客様宛のDMやお客様カルテを書いたりして残る人もいます。

これは強制ではないのですが、“ 残業 ”というものにも該当はしません。

基本的に自主性でやっています。

新しい技術や新しいメニュー、新しいトレンドを学んだりと次から次へと覚えることは増えていきます。

その他に、スタイル写真を撮ったり、ブログを書いたり、新しい企画を考えたりしています。

これをやらなくても美容師の仕事は出来ます。

ただ、出来ないなら出来るようになるまで練習するのはプロとして当たり前だし、自分をもっと多くの人に知ってもらうためにや選ばれる自分作りのために、当たり前のようにやっています。

そこまでして自分の時間を削る理由とは?

美容師からしてみると愚問かもしれませんが、“お客様のため”だからです。

『お客様に喜んでもらいたい』の一心です。

じゃなきゃ、自分の時間まで削って練習なんかしません。

出来ない技術やこれからお客様に提案する技術をお客様が喜ぶ顔を思い描きながら練習します。

「夜、通るといつも誰か居ますよね?」とか「夜、何やっているんですか?」と聞かれます。

その答えとしては…、

お客様に喜んでもらうために頑張っています!

と言わせて頂きたいです。

これは、べつに大変でもなんでもありません。

【お客様に喜んでもらえる=自分も嬉しい】という頭になっているので。

休日は何してるのか?

休日は、休養日と教養日で分けて過ごしている人が多いんではないでしょうか?

休養日は所謂、プライベートな休みの過ごし方です。

体を休ませたり、趣味をしたり、家族や友人と過ごしたりとかです。

では、教養日は何か?

それは、自分の学びとなる日です。

例えば、セミナーに行ったり、撮影をしたり、モデルを担当したり、本を読むでも良いと思います。

簡単に言ったら、勉強をする日です。

僕は休みが2日間あったら、この1日は休養日、もう1日は教養日にするという過ごし方を心掛けています。

この教養日で培ったことを次のサロンワークでも活かすことで、よりお客様との会話が深まると思います。

といった感じで、大半の美容師はこんな感じの過ごし方をしているんじゃないかな?と思ってます。

中には、休みを削ってサロンワークをしている人もいるんじゃないでしょうか?

けっこう美容師って、泥臭く頑張っています。

ただ、この部分はあくまで『強制ではない』ということは伝えておきたいです。

よく「大変そうですね…」と言われますが、まず「大変だ」なんて思っていないので、ご安心して頂きたいです。(嫌だったとっくに辞めてます)

美容師は「お客様を喜ばせたい」と思って仕事をしている、ただのサービス精神旺盛な生き物なんです。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加